my new gear…

ダイアリー

先日、「Casiotone CT-S200」というキーボードピアノを購入しました。お値段は税込み16500円。

動機

両親と姉が全員吹奏楽部出身ということで幼少期から楽器に触れる機会が多くありましたが、特に何か楽器を習熟するわけでもなく今日に至りました。母が昔ピアノの先生をしていたこともあって、家にあったエレクトーンをほんの少しだけ弾いていた以外は、鍵盤ハーモニカとリコーダーを授業で習ったレベルです。

そんな管理人がどうして突然キーボードピアノを買うことにしたのかというと、引きこもり期間にDAW(作曲ソフト)を触っているうちに自分でも演奏したくなったからです。MIDIキーボードでもよかったのですが、普通にDAW起動時以外にも弾きたかったのでキーボードピアノを買いました。

いざキーボードピアノを買うとなって最初に購入を検討したのが、CASIOから発売されている「Casiotone CTK-240」です。こちらはCT-S200の下位モデルになるのですが、サイドスピーカーの部分が芋っぽい(?)のが気に入らない。そこで機能とデザインに優れる上位モデルのCT-S200に切り替えたわけです。

CTK-240。少し芋っぽい。

CT-S200はグッドデザイン賞を受賞しているらしく、他のキーボードピアノに比べてボタン数が少ない代わりにダイヤルが付いており、非常にインターフェイスがすっきりしていてよさげです。管理人宅の机は奥行が狭いので、スリムなのも○。USB出力端子が付いており、MIDIキーボードとしても使用可能なのも優秀。購入決定!!!

CT-S200。スッキリしていて好み。

それでCT-S200を購入することに決めたのはいいのですが、なんと各種通販サイトで軒並み売り切れているではありませんか。例のウイルスによる引きこもり需要があるのでしょうか。仕方ないので実店舗に出向いてようやく見つけました。店員さんによると残り1台だったみたいなので、その場で購入を決意しました(買った後のことを考えず自転車で来ていたので、自転車君には居残ってもらってバスで帰りました)。

キーボードピアノを買おうと思ったのも引きこもり生活が続いたからですし、給付金がなければ絶対に買わなかったので例のウイルス様々ですね。給付金を配り終えたらさっさと収束してください。

触ってみた

未経験者なので音質の違いはよくわかりませんが、音色が400種類あったのでいろいろな音色で引けて楽しいです。リズムパターンや曲も多数収録されていたのですが、全体的に妙にインド系の収録が多かったのが面白かったです。

管理人は少し練習をして「かえるの合唱」をなんとか両手で弾けるようになったレベルですが、まだまだ意識しないとすぐに一方の手につられてしまいます。これから精進していきたいです。

おわりに

勢いでキーボードピアノを買ってしまいましたが、無駄にしないようにぼちぼち弾いていきたいと思います。まずは好きな曲の簡単なアレンジの楽譜を探して、右手で一通り弾けるようになるのを目標にしたいと思います。

管理人の今後の活躍にご期待ください。

4+

コメント

タイトルとURLをコピーしました